笹目川の桜2013

日本物流開発株式会社戸田営業所の近くを流れる笹目川

2013年3月23日こちらの桜は満開でした。

 

P3230146.jpg

 

P3230148.jpg 

 

P3230151.jpg

 

P3230154.jpg

 

P3230156.jpg

 

P3230157.jpg

 

P3230161.jpg

 

戸田公園の桜2013

戸田公園の桜2013-2

引き続き戸田公園荒川土手の桜です。

 

P3230136.jpg

 

ボートコースの向こう岸、黄色い建物は病院です。

P3230139.jpg

 

P3230140.jpg

 

P3230143.jpg 

 

P3230144.jpg

 

P3230167.jpg

 

普段見ることの出来ないシュチエーションなのでUPしました。戸田競艇場です。

ちょっとシャッター押すのが早すぎました。(撮影は場外からです。)

P3230164.jpg

 

戸田公園の桜2013-1

笹目川の桜2013

戸田公園の桜2012

戸田公園の桜2013-1

2013年3月23日(土) 戸田公園の桜を激写してきました。

撮影は日本物流開発株式会社写真撮影部部長心得のSAYU天才クン2でございます。

天気は曇り、3月23日現在、戸田公園荒川土手の桜は七部咲きといったところです。

土曜日のお昼にしては人出が少ないような気がします。

 

戸田公園130323-1

 

戸田公園130323-2

 

戸田公園1303230-3

 

戸田公園130323-4

 

戸田公園130323-5

 

戸田公園130323-6

 

戸田公園の桜2013-2

笹目川の桜2013

戸田公園の桜2012

創立記念日

本日、日本物流開発株式会社は20回目の創立日を無事迎えることができました。

これは一重に皆様方のご指導ご鞭撻お陰と感謝致しております。

従業員一同、経営理念に基づき業務に励む所存でございますので

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

成功の秘訣は人を喜ばせたい、人の役に立ちたいという気持ちをいつも持つことです。

そして、それを仕事に反映させることです。     リチャード・ブランソン

 

20101126朝.jpg

 

経営理念「ホスピタリティ」

全ての行動は「ホスピタリティ」が源である。

無意識の行動が常に「ホスピタリティ」に溢れている社風であること。

職場の仲間、得意先、仕入先、協力者、社会に対してである。

理不尽な行いには決して屈しない。

                                     

                                     2010年11月26日

                                     日本物流開発株式会社

                                     代表取締役 川底 孝一郎

 

 

おまけ玉の記事です。

 

物流ニッポン新聞2010年10月11日号に「おまけ玉」の記事が掲載されました。

おまけ玉記事.PDF  

http://honsya.jl-d.jp/image/A4AAA4DEA4B1B6CCB5ADBBF6.PDF

 

ショッピングイノベーション「おまけ玉」 

http://honsya.jl-d.jp/article/13804917.html

 

「おまけ玉」いよいよ本格的になって来ましたね!

「おまけ玉」ネーミングの由来は「お年玉」からきているそうです。

「おまけ」には「おまけ玉シール」を貼ってそのシールを何枚か集めると

ダブルチャンスなんてのも良いね!なんて新たなアイデアも飛び出し中の模様です。

おまけには「食品」「日用品」「文具」「化粧品」「健康関連品」「ペット用品」「サービス券」

「地方の特産品」等々多種多様なものがラインナップされる予定です。

 

omake15.JPG

 

 

 

物流ニッポン掲載記事

 

物流ニッポン2010年10月4日号に弊社記事が掲載されました。

物流ニッポン2010年10月4日号.PDF 

 

本社朝礼20100914

 

2010年9月13日(月)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日は平成14年入社の飯島さんです。

本日のお題は「解決・確認のポイント」です。

P914-1.jpg


不備・不明点があった際の解決・確認のポイントは、

「作業指示の確認フロー」におけるポイントと同様です。

「自力解決」「自社内解決」「顧客確認」の3つの選択肢があること。

「なるべく顧客に手間をとらせない」ことを大切にし、

できる限り「自力解決」、「自社内解決」を目指すこと。

「顧客確認」の場合は、問い合わせの仕方に気を配ること。

P914-2.jpg

特にこのプロセスにおいては自社内で入力・加工したデータの確認ですから、

原因は当社内にある可能性が高くなっています。

顧客本位の姿勢を忘れず、スピーディーな解決を目指しましょう。

本社朝礼20100913

 

2010年9月13日(月)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日は平成12年入社の荒川さんです。

本日のお題は「ポイントは情報の「アンテナ」と「発信」」です。

P913-1.jpg

「社会情勢」や「自然・環境情報」などの外的要因を念頭に置くことができるのか。

ベストな手段は、新聞やテレビ、インターネットのニュースから情報収集することです。

しかし情報があふれかえる世の中で、同じ量の情報に触れても吸収できます。

レベルは個人差があります。その差を生み出しているのは、情報への「アンテナ」です。

目の前の日常だけでなく、世の中の変化に興味・関心を持つ。

単純ですが、その意識を持つだけで、情報の吸収レベルは上がるのです。

P913-2.jpg

もう一つ重要なことがあります。それは、情報を「発信」することです。

「そう言えば○○地区は、大雨が降って大変らしいね」など、

休憩時間や朝礼などの時間で積極的に情報発信するように意識ください。

情報に対して一人一人の「アンテナ」が立ち、

「発信」の量が増えれば、組織全体の情報収集力は高まります。

そしてそれは小さな積み重ねながら、「一社会人としての成長」

にもつながるテーマであるのです。

 

 

 

 

 

本社朝礼20100911

 

2010年9月11日(土)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日は平成21年入社の天野さんです。

本日のお題は「例えばこんなことが想定できる」です。

 

911-1.jpg

911-2.jpg

 

例えば「地震によって高速道路が崩壊した」

「地域の大きなイベントで道路が異常に渋滞する」などが想定される場合、

作業データで入力されている便種や納期に疑問を持つ必要があります。

また昨今の「高速道路低価格化」の流れのなかで、

週末の渋滞傾向にも変化が見られます。さらには海外への輸送において、

イラクやアフガニスタンのような紛争地域、北朝鮮やミャンマーのような社会情勢が

不安定な地域については考慮すべき要素が増えてきます

当社の社員はこのような外的要因も念頭に置きながら、

作業データの確認にのぞんでほしいと思います。

日本の政権をどの党が担うかも重要な「例えばこんなこと」ですよね!

             

911-3.jpg  

  本日の写真を加工したのは             

  隣の人がまるで若きウェルテルのように 写っていたのでカットしました。   

  本当は陽気な方なのに 朝が弱いのでしょうか?元気だせよー!!

 

 

 

 

朝礼はみんなを元気にする場、 なので朝礼では文句は成るべく言いません!

文句は夜に言うようにする! と○長が仰いましたので記録しておきます。(笑)

 

 

本社朝礼20100910

 

2010年9月10日(金)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日は平成22年入社のYさんです。

本日のお題は「納期や便種選択に影響を与える外的要因」です。

 

P910-1.jpg


作業データで確認すべきポイントは、実は「入力・加工時のミス」だけではありません。

物流というサービスは、現実社会の変化と密接に関係しています。

よって「社会情勢」や「自然・環境情報」などが、

納期や便種選択に影響を与える可能性があるのです。

例えばこんな事が想定できる。

ポイントは情報の「アンテナ」と「発信」に続きます。

 

P910-2.jpg

 

上の写真と下の写真ですが、どちらが本当の

今日は面白い締めが出来ず申し訳ございません。<(_ _)>

 

 

 

 

本社朝礼20100909

 

2010年9月9日(木)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日はTPスタッフのAさんです。

本日のお題は「ミスはある」が基本的な心構えです。

 

P909-1.jpg

 

生じやすいミスとしては、「元データから正しく転記されていない」

「Excelシートで段ズレが起きている」「数字の桁が間違っている」などがあります。

ミスを見つけるためには細かく照合することはもちろんのこと、

「常識的な数値を理解している」こともポイントとなります。そして何より重要なのは心構え。

「ミスはあるはずだ」というくらい、「うたがい深く」のぞむ姿勢が必要です。

当社は必ず第三者が作業データの確認を行うことを、徹底しています。

確認を担当する社員は、「最後の砦として、ミスを発見することをモチベーションにする」

くらいの気持ちで仕事に取り組んでください。

 

P909-2.jpg

 

文章だけを読みますと「俺を信用しないのか」怒みたいで嫌〜な感じですが

この部分は本当に肝なんですよね!「注意一秒怪我一生」 です。危険

本社朝礼20100908

 

2010年9月8日(水)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日は平成19年入社の秋元君です。

本日のお題も前回に続き「データ加工チェックリスト」の使い方です。

 

P9082.jpg

 

データ加工作業終了後にチェックする項目は下記5項目です。

・顧客への報告用のデータは大丈夫ですか 
・問い合わせ番号は確認しましたか 
・在庫データは大丈夫ですか 
・使用済データ・媒体は顧客へ返却ですか 
・使用済データ・媒体は安全な場所に保管、又は廃棄ですか

注)媒体とは記録媒体の事、FD、CDロム、USBメモリ等(当社では原則禁止)

 

P908-1.jpg

 

本日の朝礼は結構難しい内容にもかかわらず、やけに和やかなムードですね?

隣のお二人さんは何にうけているのでしょうか? どうもすみません わーい(嬉しい顔)

 

P908-3.jpg

 

本社朝礼20100907

 

2010年9月7日(火)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日もYさんです。 (昨日よりいろんな意味で一回り小さくなりましたが笑)

本日のお題も前回に続き「データ加工チェックリスト」の使い方です。

 

P907-1.jpgP907-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

P907-3.jpgP907-4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

P907-5.jpg

P907-6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

帳票出力後の確認項目はデフォルトで23項目あります。

今回はその内の残り5項目をご紹介させて頂きます。

・集計表の個数と伝票の枚数は合っていますか 
・運行指示書&納品書はありますか 
・基データと運行指示書(納品場所・日時等)に相違はないですか 
・基データと納品書(宛先情報・品名・数量等)に相違はないですか 
・その他必要な帳票類は全て揃っていますか 

 

既にお気づきかと存じますが、本日の写真は朝から走っている人が写っています。

朝礼中です、会議中ですは自社第一主義、顧客第一主義ではありません。

走っている人は決して遅刻して走っている訳ではございません。(今日は)

本社朝礼20100906

 

2010年9月6日(月)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日はYさんです。

本日のお題も前回に続き「データ加工チェックリスト」の使い方です。

 

P906-1.jpg

 

帳票出力後の確認項目はデフォルトで23項目あります。

今回はその内の6項目をご紹介させて頂きます。

・注意事項・特記事項は反映されていますか 
・必要なラベル(ワレモノ&指定日・仕分け・カートン等)はありますか 
・専用端末(ヤマト・佐川)&売上表は大丈夫ですか 
・集計表(ピッキングリスト等)に不備・不明点はないですか 
・基データと集計表の使用数に相違はないですか 
・基データと集計表の件数・個数に間違いないですか

 

P906-2.jpg

 

日本物流開発の梱包マンウーマンさんたちも便種特性や地域特性を理解しております。

貼りエフの指定日と指定日ステッカーの照合や到着地、到着日時と便種の関係を

梱包時等に意識しながら業務にあたっております。

 

 

 

本社朝礼20100904

 

2010年9月4日(土)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日は平成20年入社の本芳さんです。

本日のお題も昨日に続き「データ加工チェックリスト」の使い方です。

 

P904-1.jpg

 

帳票出力後の確認項目はデフォルトで23項目あります。

今回はその内の13項目をご紹介させて頂きます.

・発送便種 
・顧客情報(顧客コード等)
・出荷人情報
・品名・数量
・備考欄・記事欄
・宛先名
・郵便番号
・宛先住所
・電話番号
・出庫日
・配達日
・配達時間
・注意事項・特記事項は反映されていますか 

 

P904-2.jpg

 

本芳さんは日本物流開発の「役所広司」と呼ばれているとかいないとか?

そう言えばガイヤの夜明けの案内人がいつの間にか

昔、私のライバルだった人に変わっていました。(笑うところです)

 

 

登録アルバイト説明会A

9月3日(金) 日本物流開発板橋本社にて登録アルバイトさんの説明会を行いました。

大勢の皆さまにご参加頂き真にありがとうございました。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

2010-0903-2.JPG

 

    登録アルバイト.jpg

 

最後になりますが、今回は初めての試みということと、

予想を大幅に上回るご応募を頂戴したことによって

運営面で不手際が生じましたこと、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

 

本社朝礼20100903

 

2010年9月3日(金)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日は平成18年入社のMさんです。

本日のお題も昨日に続き「データ加工チェックリスト」の使い方です。

 

0903-1.JPG0903-2.JPG

 

このリストをもとに「入力・加工した作業データ」と「元データ」を完全照合し、

不備・不明点を明確にします。

DC.jpg

 

データ加工作業時のチェック項目は下記5項目です。

@基データをコピー(バックアップ)しましたか 

A住所等の修正をした場合、全て正しく修正されていますか 

Bデータを手入力した場合、全て正しく入力されていますか 

Cデータの並び替えをした場合、項目のズレはありませんか 

D出荷システムに取り込んだデータに不備はないですか

 

日本物流開発には何故かMさんが多いです。

それは当社に限らず倉庫系や流通加工系の物流会社に多いようです。

同じ物流会社でも運送系物流会社はSさんが多いと思われます。(ナンチャッテ総研調べ)

 

登録アルバイト説明会@

 

9月2日(木)板橋区立企業活性化センターにて登録アルバイトの説明会を開催致しました。

9月3日(金)は日本物流開発株式会社板橋本社にて開催致します。

 

100902_134242.jpg

  100902_140649.jpg

本社朝礼20100902

 

2010年9月2日(木)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日は平成18年入社の三浦さんです。

本日のお題は「データ加工チェックリスト」の使い方です。

P902-1.jpg

 

このリストをもとに「入力・加工した作業データ」と「元データ」を完全照合し、

不備・不明点を明確にします。

 

DC-.jpg

 

P902-2.jpg

 

作業開始前にチェックする項目以下の7項目です。

@受け取ったデータの不備・不明点はないか確認しましたか 

A顧客へ不備・不明点の内容を報告し確認しましたか 

B受け取ったデータは該当作業のデータですか(違うデータではないか) 

C最新のデータですか(差し替えになった古いデータは使用していないか) 

D受け取ったデータに必要な情報が全て含まれていますか 

E注意事項&特記事項は確認しましたか 

Fチャーター便(直送)はないですか

G当社に依頼されたお仕事ですか(笑)

本社朝礼20100901

 

2010年9月1日(水)日本物流開発株式会社朝礼の一コマです。

本社では日替わりで「日本物流開発テキストブック」の読み合わせを行っています。

本日は平成21年入社の松本君です。

本日のお題は「確認する作業データ」です。

 

P901-1.jpg

 

「作業データの加工フロー」でもっとも重要なのは、この「確認」です。

正しく確認ができればミスは発見され、作業データの入力・加工に

立ち戻ることができるからです。では、確認する作業データとは何か。

それは、「送り状(発送伝票)」「ピッキングリスト」「運行指示書」「納品書」

そして員数表などの「各種集計表」になります。これらの必要な作業データは、

顧客からの作業依頼や物品特性、便種によって異なります。

担当者は業務案件によってどんな作業データが必要なのかを正しく定義し、

入力・加工し、確認する必要があります。

ここでミスが見逃されたまま作業が進むと取り返しのつかないことになりますので、

非常に重要なプロセスであると認識してください。

 

P901-2.jpg

 

重複しますがこの作業データの確認が肝心要です。 クローバー