心機一転

「心機一転」

ある動機をきっかけとして、すっかり気持ちがよい方向に変わること

100805_162259.jpg

全社を挙げて活性化して行こう!

100805_162059.jpg

 

検証!日本物流開発

先般、当社を視察された方のレポートを公開させて頂きます。

客観的かつ大変的を得たレポートとなっておりますので、当社にご興味のある方必見です!

 

1.日本物流開発での物流加工の実際

 

日本物流開発(以後JLD)では、大きく分けて3つの荷主のタイプがあります。

・インターネット販売(以後EC)系

・印刷会社系

・その他となっております。

まずEC系の基本的な作業の流れは(荷主により手順の違うものもありますが)

おおむね以下のようになっています。

 

@ 商品マスターを基にした入庫作業。

まず、荷主側が保有している商品マスターを受け取り

(ほとんどがJLDと荷主側のシステムが接続されているため常時受け取り可能)

それをもとに路線便等で複数の仕入先より複数回、

直接JLDに送られてくる荷物を仕分、入庫処理を行います。

EC系は新規の取扱商品が多く、商品マスターは常に更新されるため、

荷主によつては1日に数回のマスターの確認が必要です。

また、アイテム数の多い商品についてはバーコード発行までできるシステムを使い、

JLD独自の商品番号をつけた上でバーコード管理している商品もあります。

 

A エンドユーザーからの注文に対する在庫の引き当て

在庫が確定した後、各荷主ごとのエンドユーザーからの注文をシステム

に取り込み、(荷主によつて楽天・ヤフーショッピング等のシステムから

直接取り込む方法、また荷主からExcelデータで送られてくるものもある)

その注文と在庫とを引き当て当日の出荷を確定させます

 

B ピッキングリスト、配送伝票、梱包材等の準備

確定させた出荷データを元にシステムからトータルピッキングリスト、

個別ピッキングリスト、配送伝票をプリントアウトします。配送に関しては

佐川さんがメイン、他はヤマトさん、西濃さん、日本郵便さん等です。

佐川さんに関しては配送システム(e―飛伝)用の専用パソコンがあり

(ネットにはつながっていない)、他社はネット経由での伝票作成となります。

また、この時点で荷主に送る出荷リストに問い合わせ番号を入力します。

梱包材に関しては、数種類のサイズのダンボールを時間のあいた時などに

こまめに作り置きをしているため、すぐに梱包できるよい腕着状態になっています。

 

C トータルピッキング

トータルピッキングリストに基づき、はじめに当日出荷するものを棚、ネス等から

作業場の一箇所に集めます。

出荷の量によつて他の部署に応援要請を出すこともあります。

 

D ピッキング、梱包、出荷

その後個別ピッキングリストに基づき、荷物に見合うダンボールに荷物、

ピッキングリスト、納品書、配送伝票を入れていきます。 (ピッキングリストはいれません)

次にバーコードリーダーを使い、チェックしていきます。

この際、それぞれに対応するバーコードも同時に印刷され、

商品、ピッキングリスト、納品書、配送伝票それぞれのバーコードを読み取り、

すべてが一致した時点で梱包し、配送伝票を貼り付けるようになっています。

また、実際にピッキングする社員とバーコードリーダーで読み取る社員は

必ず別々に担当することにより、出荷ミスを防いでいます。

また出荷時には出荷個数と各運送会社の受付個数とを照合し未出荷を防いでいます。

 

EEC系の特徴

入荷、出荷個数のばらつきが大きく、予測ができません。(ある程度予想しています)

ほとんどが仕入先・問屋等から直接荷物が入ってくるため、事前には物量数がわかりません。

また出荷に関してもほとんどが当日午後にならないとわからないため

人員の配置が難しいと思われます。

たとえば取引先の一例では、私の研修期間中、

出荷個数で最小が約200個、最大が約800個と大きな開きがあります。

また、荷主側の都合で商品マスターの更新頻度の違いにより、

倉庫に荷物はあるが、在庫として登録できない商品もあります。

システムも各社に個別対応しており、また荷主側に独自のシステムがすでにあり、

それに接続してほしいとの要望もあるため、SE等プログラミングの熟練者が

必要なケースが多々あります。

 

次に印刷会社系の手順ですが、上記のEC系に比べて作業は複雑ではありません。

(非常に複雑な作業もあります。)

@ 入庫

入庫に関してはロット数が少なく商品数(枚数)カミが多いため、

ほぼすべて目視による入庫数の確認、また在庫の確認も同様です。

 

A ピッキング、出荷

まず当日出荷する数量を1箇所に固めます。

またピッキングリストの代わりに員数表を使っています。

たとえば1梱包につき100枚入りであれば、 100の整数倍のものはそのまま出荷し、

100枚以下のもののみを合計し、総数のうち梱包を崩さなければないものを計算し、

一度梱包を解かなければならない数を確定した上で作業を開始しています。

また梱包時に商品名と何部は入っているかのラベルも印刷し、ダンボールに貼付しています。

その他ではEC系と印刷系を合わせたものがあります。

たとえば商品とパンフレットを複数枚同梱して発送、というケースがあります。

その場合、基本的にはEC系と同様の作業となりますが、

パンフレットをいくつかセット組みにし、それぞれに番号を割り当て、

ピッキングリストに印刷されるようにしています。

またJLD土浦営業所では花の加工を始めていました。

最近話題のプリザーブドフラワーの製造から出庫までを請け負っています。

生花を薬剤に漬け、それを一本ずつアレンジしていき、

配送用の専用箱にて梱包するというものです。

 

2、日本物流開発における物流加工の特徴

 

現場でのJLDの特徴は以下のとおりです。

・作業効率が極めて高い

一緒に作業をしている中ではじめに感じたことはきわめて作業効率が高いことです。

社員一人一人がそれぞれの荷主の作業をほぼ理解しており、

就業時間中はほとんど無駄な時間がありません。

それぞれ受け持ちの作業は決まっていますが、

少しでも空いた時間があれば他の部署のフォローに入り、

そのフォローも無言で作業ラインに自然に入つています。

また一連の作業を常に確認しながら作業を行い、

ボトルネックがあればそこに自然に集まり、それが解消されれば元に戻つています。

誰が入つても誰が抜けても作業ラインは乱れず、また常に効率的に運用されており、

個人的にはちょっとした驚きでした。

 

・汎用性のあるシステム

システムは主にMicrosoft Accessを利用しており、非常にシンプルになっています。

またすべて自社で開発しているため荷主のシステムに

柔軟に合わせることができるようになっています。

さらに常駐のSEが社内にいるため、現場での変更もほとんどその場でできるとのことです。

また利用している社員から見ても、ほとんどの入力で自身が数字、文字等を

入力することがないため、(入庫処理時の入力程度)間違いも起こりにくく、

小さなミスをなくす意味でも非常に有効であると思われます。

以上のように物流加工を行うにあたり、高い生産性は必須であると思われます。

それは人的なものはもちろん、それを補佐するシステムも重視すべきです。

とくにこれから成長していくと思われるECの分野においては、

日々の取り扱い個数が大幅に上下する可能性が高く、

ここにうまく対応できれば、他の業務はほぼすべてこなせるようになると思います。

以上、 

2009年7月10日 Y・K

(青字は当社にて加筆致しました。)

世界一を目指す理由

当社の経営理念は「ホスピタリティ」です。

「ホスピタリティ」のこころで世界一信頼される物流会社を目指します。

 

何故、世界一信頼される物流会社を目指すのか?

高い目標を掲げ目標に向かって努力することが自身のモチベーションを上げ

その事によって仕事そのものを楽しいものに変えることが出来ると考えたからです。

 

売上げや利益で世界一を目指すと言っても具現性がありません。

信頼度で世界NO1は十分可能性があります。

もしかしたら既にベスト30位には入っているかもしれません。

 

仮にお客様から相応の評価を頂くことが出来なくても、めげてはいけません。

自己評価をしてみて下さい。

自分の仕事はパーフェクトでしたか?

90点ではありませんでしたか?

100点を目指すことによって、より自身の力を高めることが出来ます。

そこまでやりきる事が出来ればお客様の評価は自ずと付いてくるはずです。

 

私達は私達の為に100点満点のサービスをお客様に提供しましょう。

 

2009年7月8日

川底孝一郎

日本物流開発の原点

1992年4月に埼玉県志木市に約80坪の倉庫を借り

現在のコア事業であります流通加工業を開始しました。

当初はあまり仕事も無く80坪の倉庫が大変広く感じておりました。

写真のテーブルは取引先から廃棄品を頂戴したものです。

作業中、重たい物を乗せると脚がおれる事がしばしば有り

早く儲けて頑丈な作業台を買うのが当時の目標でした。

現在では80坪が5000坪以上となり

作業台も象が乗っても大丈Vな物が何百台とあります。象さん

志木営業所1992年4月17日.jpg

こちらの倉庫はおかげ様で2年で満杯となり

埼玉県戸田市に移転をしましたが、間違いなく当社の原点です。

 

世界一

エベレスト.jpg

 

日本物流開発は世界一信頼される物流会社を目指しております。

理由はそこに仕事があるからです。 (^O^)/

 

不思議な事

本社受付のにゃん吉君、土台の黒い部分に光を蓄え
そのエネルギーで首をあいらしく振ります。
いつも朝は正面を向いているのですが、
日中、いつのまにか窓側に向きを変えています。
きっと誰かが気を使って窓側に向けているのだろうと
思っていました。

しかし・・・ 誰もそんなことしてませんよー・・・
と、言うことは、にゃん吉君はエネルギーが少なくなってきたら
自力で太陽の方を向くらしいexclamation&question

名称未設定 2.jpg

きっとこの時、向日葵さんに教えてもらったのでしょうネかわいい

ページトップへ

しつこい社長

私が参考にしているサイトさんから
http://www.motivation-up.co.jp/
へぇ〜そーなんだーと思ったお話をご紹介させて頂きます。

人は同じ事を13回聞かないと行動を変えないそうである。
そんな事を書くと「私は30回も40回も言っているのに、
社員はわかってくれないよ・・・」そうお嘆きの社長もいるかと思う。
しかし、肝心なのはここからだ。
13回は社長が言っている回数ではなく、
社員がちゃんと聞いている回数である!と言うことだ。
社員が聞いているベースで、13回同じ事を言い続ける「しつこさ」が
社長には必要なのである。

勿論、解って貰えるまで何回も話はします。
でも出来れば、13回では無く3回位にしたいですよね!
一番いいのは何も言わなくてもわかって欲しいですよね!
その為にはやっぱり自分が「背中で物が言える」人物に
ならなーあかんのだ、なんて・・・

昔、同じような事を言ったら、
だったら自分に看板でもぶらさげたらどうですか?
って言われた事ありました(笑)

今、思いつきましたが例えば「整理整頓」って大きく書いた
Tシャツをみんなで着れば、「整理整頓」しますよね、きっと
でも・・・ 格好悪い・・・でも・・・面白そう
ん〜 何か出来そうな予感が・・・

13回聞いてもらう事って、社長から社員だけではなく
逆のパターンもあるし、社員同士、取引先、友人等等
全ての人、事に対して言えますよね!
12回で諦めるな! って事と私は理解しました。

                                        2008年8月26日

                                         川底 孝一郎

 

ページトップへ

全国に出没してます!

当社のトラックは

全国のコンサート会場等に出没しております!

 

4t.jpg

 

主に伊東四郎さんによく似たおじさんが乗っています。

30数年前に甲子園で優勝旗返還をした事が自慢の

「シュリンプアキオー」です。

運転の仕事は孤独で寂しいので(笑)見かけた時は声を掛けてあげて下さい!

決して噛みついたりはしませんので(笑)

アキオー.jpg

 

この写真は高知県足摺の金剛福寺だそうです。

仕事で中村市に行った時に撮ってきたとの事です。

 

ページトップへ

ほのぼの窓際族


本社2階事務所の「ほのぼの窓際族」たちです。


社長にいじめられて傷ついた心を癒してくれるそうです。ぷぷ

 


窓際4.jpg


1階受付でデビューしたのち


余生を日当たりの良い2階で過ごすのです。

 

窓際3.jpg


花もそうですが、人間でも仕事は今一だけど


居ると癒される人っていますよね!プーさん

 


窓際1.jpg


そうですよ、強いばかりが良いとはかぎりません!ウインク

 

ページトップへ

環境に優しい物流を

本社朝礼、恒例の「今日の一言」でのお話し。

『南の島の水位が上がってきているのを実感!!
      砂浜も狭くなってきて、サンゴも少なくなってるよバッド(下向き矢印)

地球環境についてもっと真剣に考え、行動して行かなくてはいけないですねexclamation×2

日常家庭生活の中でのエコ以外にも物流会社として

もっともっと環境にやさしくしなくちゃいけない事 きっとたくさんあるはずですよね。

みなさん、ちょっとずつでも考えてみてください。

ちょっとずつでも社内だけでも100人もいますからかなりのエコが思いつくでしょひらめき

日々社内で出来ること、お客様にも提案して一緒に出来ること、エコ大募集右斜め上

すなわち 経費削減⇒利益増加⇒給料UP!! それはそれとしてふらふら

日本物流開発は「チームマイナス6%」の一員です。

地球にやさしい物流会社でなければ。。人にも地球にも「ホスピタリティ」の心で黒ハート

ご意見ご提案た〜くさんお待ちしております。 よろしくグッド(上向き矢印)

                 2008年6月26日 チームマイナス6%JLD推進委員会

前方で居眠り

前方.jpg


個人情報保護士の試験を受ける為の講習会に参加した時の写真です。

私と前の方で寝ているA君は残念ながら、

スケジュールの関係で試験を受けることが出来ませんでした。

手前半分写っているTさんと全く写っていないSさんが試験に合格しました。祝

いくらビデオ講座だからといってもワザワザ前方で寝なくてもいいのにねzzz

ページトップへ

多分これです!

本日の朝礼で言っていたバイク見たいな車は「トライク」だと思います。

25_1465c0414c5f51.jpg

普通免許で乗れるけど「バイク」だから、これも通勤利用はNGなんでしょうかね?

 ただ、この前見たのは前輪が2本、後輪が1本だったような気がしたのでですが・・・

 

トライクジャパン前橋さん>>> http://www.trike-j.com/index.html

法則?

メラビアンの法則ってしってますか?

これはメラビアンという心理学者が、人が受ける印象を決定付ける要素を
分析したもので、相手方に与える印象の比率は
「話の内容」が7% 「話し方」が38% 「ボディーランゲージ」が55%の割合だそうです。
人は見かけが9割なんて本もありましたが、結構科学的にも立証されているんですね!?
私的にはメラビアンの法則に反しますが、日本物流開発の朝礼時に交替で一言話す
コーナーでは「話の内容」で、へぇ〜といった事だけ覚えているような気がします・・・
普段から付き合いがある人どうしの場合はあんまり見かけは関係ないのでしょうか?

そういえばマーフィーの法則ってありますよね、これって
探しもは一番奥にあるとか、転んだら、そこは水溜りだったとか、
ネガティブな法則だと思っていましたが、
願えば叶うみたいなポジティブな法則だったんですね! 知ってましたか?

けどヤッパリ車を洗うと雨降りますよね〜 ぶー.jpg
昼カレー食べると夜もカレーですよね〜 ぶー.jpg

 

ページトップへ

人間万事塞翁が馬

ある協議会のメーリングリストで、

最悪の事態にある経営者への励ましの言葉として

「人間万事塞翁が馬」を信じてガンバレとありました。

わたしもそう思います。

メーリングリストに投稿する勇気はないのでこの場を借りて

「人間万事塞翁が馬」です。 頑張ってください!

 

昔、中国に、塞(さい)という翁(おじいさん)がいました。

塞翁の馬はとてもはやく走り、塞翁自慢の馬でした。

しかし、あるとき、塞翁の馬は、足の骨を折って、走れなくなりました。

塞翁にきくと、「馬が足の骨を折って、走れなくなった。
しかし、不運とは思わない。」と、塞翁は言いました。

しばらくすると、国境警備のために、村中の馬がとられていきました。
しかし、塞翁の馬は、走れないために、
国境警備のためにとられることはなかったとのことです。

不運は、ただ不運なのではなく、
その後、幸運に変わることもあるというお話です。

人間(世間)はとかく、幸運と不運が入り乱れて、
不運と思うできごとが、あとあと幸運に変わったり、
幸運だと思うできごとが、あとあと不運に変わったり、
めまぐるしく変わっていきます。

ですから、何事が起こっても、
あわてず騒がず、
じっと見つめていることの必要性を学べる名言です。

不運なできごとが起きたとしても、
悲しむことはないのです。

それは、幸運なできごとにつながっているのですから。

 

じんかん ばんじ さいおう が うま

 

※「人間」の読み方た「にんげん」ではなく「じんかん」だそうです。

 「世間」という意味とのことです。

宅配便と宅急便

「宅配便」と「宅急便」は違います。

宅配便は個人のお宅に送り届ける「複数の運送会社利用」のことですが

宅急便はヤマトさん登録商標なので、ヤマトさん限定です。

時々宅急便で送っておいてーと、ご指示を頂きますが、

宅急便はヤマトさんの登録商標ですから、ヤマトさんで送って宜しいでしょうか?

とは中々聞けません・・・

多分これは宅配便と言う意味であろうと勝手に解釈している側面があります。

 

宅急便はヤマトさんで送るという事だよと、母親に何度説明しても分って

分ってもらえません。

 「宅急便で送ったから」と電話があり、届いた荷物はペリカンさん何て事

どこのご家庭でも良くある話ではないでしょうか?!

発送、配送、運送、輸送

発送、配送、運送、輸送

カテゴリーの大きい順にしますと下記ようになります。

( )の中は辞書での回答です。 余り違いが分かりませんねー?

@輸送(乗り物で人や物をはこぶこと )

A運送(品物を運ぶこと )

B配送(物を配り届けること)

C発送(物を送り出すこと )

 

では具体例ではどうでしょうか

@輸送(乗り物で人や物をはこぶこと )

>ジャンボジェット・石油タンカー・JR貨物・中国から来コンテナ等

A運送(品物を運ぶこと )

>引越し・青森りんごを築地市場に運ぶ・山から土を運ぶ等

B配送(物を配り届けること)

>書籍等を取次ぎ会社へ納品する・アパレル会社さんが百貨店各店に納品する等

C発送(物を送り出すこと )

>ネット通販で購入したものを届ける・年金特別便を5000万人に郵送する等

かなり主観的記載となっておりますが凡そ物流業界では

このように区別しております。  解かりましたか? 説明イマイチですね、ゴメンナサイ