日本物流開発株式会社 経営理念、経営目標、品質方針

経営理念  『ホスピタリティ×プロフェッショナリズム』


全ての行動は「ホスピタリティ」が源である。

無意識の行動が常に「ホスピタリティ」に溢れている社風であること。

職場の仲間、顧客、供給者、協力者、社会に対してである。

源に則り、物流のプロとして顧客のニーズを解決し、業績の拡大に貢献する。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経営目標  『世界一信頼される物流会社になること』

       『世界一働きたい物流会社になること』


日本物流開発株式会社は「信頼」という軸で世界一の物流会社を目指し

「世界一働きたい物流会社」になることを最終目標とします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

品質方針

 

日本物流開発株式会社は「世界一信頼される物流会社」を目標に掲げ、

顧客の立場に立った品質提供、提案、情報提供します。

その実現のため、マネジメントシステムを構築しそれを遵守し

且つ継続的な改善活動を実行します。

 

上記を達成するために、下記の活動方針を掲げ実行します。

 

1.全ての事項について「ホスピタリティ」の「こころ」を最優先とし、

  顧客に感動を与える業務を行います。

2.不適合の発生率自社要因ゼロを目指します。

  万が一不適合発生時には、直ちに原因追及、手順見直し、改善策を実行し

  再発防止に努めます。

3.顧客要求、外部環境に適った最適な物流提案を継続的に実行します。

4.法的要求事項、内部品質監査結果などを分析し、見直しを実施することにより、

  マネジメントシステムの継続的な改善を行います。

5.人材を品質最優先事項と捉え、積極的かつ定期的な教育を実施します。

6.上記各項目を通じ顧客満足の最大化を図り、収益の確保及び従業員満足の

  向上を追求して参ります。