日本物流開発Q&A

日本物流開発 Q&A集 (よくある質問)  

Q1  営業日及び営業時間について

Q2  配送方法について(宅配便、路線便、チャーター便)

Q3  代引きの扱いについて(代金引換発送)

Q4  物流倉庫の所在位置及び特徴について

Q5  取扱い品目について

Q6  定温倉庫、冷蔵冷凍倉庫について

Q7  個人情報保護について

Q8  物流業務委託の規模について

Q9  物流業務委託の範囲について

Q10 物流業務委託の期間について

Q11 物流業務委託の期間中の事故、補償について

Q12 発送依頼データの受け渡し方法について

Q13 発送締切り時間及び発送リードタイムについて

Q14 発送報告並びに各報告事項につういて

Q15 WMS(ウエアハウスマネジメントシステム)について

Q16 梱包資材について 

Q17 商品のギフト包装について

Q18 海外の発送について

Q19 郵便、ゆうメール、メール便について

Q20 マテハン(棚、ラック、ネステナー等)について

Q21 物流業務を委託する時の初期費用について

Q22 物流業務を委託した時の主な費用について

Q23 フルフィルメントについて

Q24 3PL(サードパーティロジスティクス)について

Q25 グリーン物流について


Q1  営業日及び営業時間について

A1  営業日は原則、日祝祭日以外となっております。

    ご要望によっては日祝祭日の営業も可能です。

    営業時間は原則、9:00〜18:00となっております。

    運送会社各社の当社出発時間は約19:00となっております。


Q2  配送方法について(宅配便、路線便、チャーター便)

A2    コスト及び配送の精度等を勘案し最適な輸送手段をチョイスいたします。

    主に佐川急便さん、ヤマト運輸さん、名鉄さん、西濃さん、日本郵便さん等です。

    軽貨物〜4t車での自社便配送も行っております。


Q3  代引きの扱いについて(代金引換発送)

A3    代引き発送は佐川急便さん、ヤマト運輸さんがメインとなっております。

        お客様の指定する口座に直接、運送会社様から入金される形態が主となりますが

        当社口座に一旦入金をさせて後日、移動する事も可能です。


Q4  物流倉庫の所在位置及び特徴について

A4    東京都板橋区に約1500坪の他、首都圏に5ヶ所の拠点があります。

        詳細に付きましてこちらからお願いします。


Q5  取扱い品目について

A5    雑貨、精密機械、印刷物、販促品、什器、化粧品、アパレル、ドライ食品、文具、

        絵画、ホビー等を扱っております。 危険物、生物等は扱っておりません。

        事業者別ですと、通販事業者様、EC事業者様、卸売事業者様、百貨店様、

        印刷会社様、広告代理店様、エンタテインメント系事業者様、食品メーカー様、

        食品小売様、金融系事業者様、物流事業所様等です。


Q6  定温倉庫、冷蔵冷凍倉庫について

A6    当社の倉庫は全て常温倉庫となっております。(一部空調管理スペース有り)

        定温、冷蔵、冷凍倉庫をご希望の場合は協力会社様をご紹介させて頂いております。

                                                                                               ページTOPへ


Q7  個人情報保護について

A7    個人情報を貴重な財産として認識し、さまざまなリスクに対するセキュリティ

        対策を全社を上げて講じております。

        プライバシーマークも取得済でのでご安心してお任せ下さい。                       


Q8  物流業務委託の規模について

A8    お荷物1個からお引き受け致します。 お気軽にご相談下さい。

        現在の総延床面積は約5000坪ですが、ご要望に応じて増床、増員致しますので

        大きな案件も是非、お声掛け下さい。


Q9  物流業務委託の範囲について

A9    1個の荷物の梱包発送からフルフィルメントサービス、3PL迄行います。


Q10 物流業務委託の期間について

A10  通常の契約期間は1年単位となっておりますが末永いお取引を希望致します。

        勿論、スポットや突発的な業務もお引き受け致します。


Q11 物流業務委託の期間中の事故、補償について

A11  当社倉庫(敷地内)での事故につきましては賠償責任保険に加入しておりますので

        万が一事故が起きた場合でも補償への備えは問題ございません。

        「未だ一度もこの保険を利用した事はありません。」

        配送会社さんに引渡し後の事故に付きましては配送会社さんからの補償となりますが

        配送会社さんとの交渉等は当社にて代行させて頂きます。

        天災は対象外となっております。  大地震来ませんように!


Q12 発送依頼データの受け渡し方法について

A12  受渡しの手段としましては、FTP、全銀、Eメール、電話、FAX等、お客様ご希望の

        手段でお受け致します。   WeBオーダーシステムお薦めです!

        個人情報が含まれるデータに付きましては、

        暗号化ソフトの利用を推奨させて頂いております。 

        データの形式はCSVが好ましいですが、特に制限はございません。             ページTOPへ


Q13 発送締切り時間及び発送リードタイムについて

A13  配送会社さんの当社出発時間が19:00最終ですので、

        発送指示は、この時間に間に合う時間でお願い致します。

        発送リードタイムと作業単価は微妙な関係に有りますので、業務によって締切り時間を

        調整させて頂いております。


Q14 発送報告並びに各報告事項について

A14  発送報告業務は毎日、指定されたフォーマットにて連携させて頂いております。

        Webオーダーシステムをご利用の場合はいつでも状況確認が可能です。           


Q15 WMS(ウエアハウスマネジメントシステム)について

A15  お客様の仕様に併せたWMSを個別に作成、利用しております。

        お客様が現在ご利用のシステム等との連携も当社WMSをカスタマイズする事に

        より、より簡単、低コストを可能に致します。  詳しくはこちらをご覧下さい。


Q16 梱包資材について 

A16  最適、最安、エコロジーを基本に梱包資材を利用しております。

        詳しくはこちらをご覧下さい。     おまけはこちら!


Q17 商品のギフト包装について

A17  デパート包装、キャラメル包装、得意です。 詳しくはこちらをご覧ください。


Q18 海外の発送について

A18  海外発送可能です。 主にDHLさんとEMS(日本郵便)を利用しております。

ページTOPへ


Q19 郵便、ゆうメール、メール便について

A19  郵便、ゆうメール、メール便をコストや利用目的によってチョイス出来ます。

     郵便料金後納も可能です。


Q20 マテハン(棚、ラック、ネステナー等)について

A20  マテリアルハンドリング類、棚、ラック、ハンガーラック、自動ラック、ネステナー等

     を用途によって利用可能です。 

     1ヶ月毎の利用料金は本体価格の1/36を目安とお考え下さい。 

     利用料金は保管料等に含むケースが多いです。


Q21 物流業務を委託する時の初期費用について

A21  当社では特別な要件がない場合には初期費用は発生しません。

                                                                                               ページTOPへ


Q22 物流業務を委託した時の主な費用について

A22  主な費用は入庫料、ピッキング料、梱包料、出庫料、配送料、保管料等です。


Q23 フルフィルメントについて

A23 商品受注発注・商品撮影・商品在庫管理・代金回収管理業務・

    カスタマーセンター業務等を必要に応じて代行致します。


Q24 3PL(サードパーティロジスティクス)について

A24 フルフィルメントサービスに物流プランニング・物流システム構築・配送業者選択等

    のサービスを付加し、物流業務を全面的に請負うことも可能です。


Q25 グリーン物流について

A25 日本物流開発は荷主様理解の基、共同輸配送・モーダルシフト・低公害車・

    簡易梱包・梱包資材再生等、環境にやさしい物流を推進いたします。


                                                                                              ページTOPへ