物流会社の教科書Q

日本物流開発の教科書、

その8“作業現場フロー”・・・5.品質方針について

 

作業現場フロー.jpg

 

 

  フロー図、赤枠部分がこのフローの中で最も重要とされている事項です。

 即ち、キーポイント、またの名をキーコントロールと呼びます。

 

 

 

●「品質方針」とは

ISOにおいて「品質方針」は、「トップマネジメントによって正式に表明された、

品質に関する組織の全体的な意図及び方向付け」と定義されています。

わかりやすく言えばその会社の「品質に対する思想」であり、

この品質方針によって「品質目標」や「品質マネジメント」が設定・運用されていきます。

当然業種、業態、会社ごとに異なり、各社の個性が反映されているものです。

 

●当社の品質方針

当社は品質方針を、以下のように定めています。

これもホームページなどで公開している、「顧客への約束」です。

一字一句暗記する必要はありませんが、当社の社員は全員、

正しく深く理解するよう努めてください。

【日本物流開発株式会社 品質方針】

 

 

●全社員で共有したい想い

品質方針では明確に、「世界一信頼される物流会社」を目標に掲げています。

これは以前より掲げている、当社のビジョンそのものです。

物流業を主業とする企業は、日本全国に約6万社あると言われています。

世界規模で見れば、その数は膨大です。

その中で売上規模や物量で世界一になるということは現実的ではない。

しかし「信頼」という軸であれば、努力次第で世界一になれると本気で信じています。

それは日々、1社1社の顧客、1つ1つの仕事に真正面から取り組むことの、

積み重ねだからです。

だから当社の社員は「世界一信頼される物流会社」を本気で目指し、

信じて頑張ってほしいと思います。

そしてそのための必須要件が、「ホスピタリティ」の「こころ」です。

物流業界において、「ホスピタリティ」を明確に理念として掲げている企業は、

まだ見たことがありません。

「顧客のために」はもちろんのこと、ともに働く「仲間のために」自分を支えてくれる

「家族のために」つねにホスピタリティの心をもって、生きてほしいと思います。

それは必ず自分の人生を、豊かなものにしてくれるはずです。

 

CS調査.jpg