QMS教育実施記録C

2010年7月17日(土)QMS教育研修を行いました。

テーマは第一回顧客満足度調査分析結果の検証及び対応です。

AM10:00〜PM3:00、正味4時間の教育研修でした。

 

世界一信頼される物流会社になるための、アクションプランです。

 

sy.jpg

 

 提案力でお客様を引きつける事も可能だと思います。

 提案力=お客様の困っている事だと予測されますので

 提案内容のレベルを上げます。

 

 

 

P7170096.jpg

 

 物流提案を通じて、顧客が真に必要としている事が

 何なのかを見極め、それを満たす事を第一に考え

 PDCAを回す。

 

 

 

P7170097.jpg

 

 社員、アルバイト、全スタッフとのコミュニケーションを

 今迄以上 に図り、日々の業務中での問題点をリアルタイムで

 引き出し、改善を行い、クオリティUPに繋げて行く。

 

 

 

P7170104.jpg

 「物流」の枠を超えたサービスを目指します。

 お客様の事をもっとよく知るところから始まり、物流全般に

 関する知識を高め、自社、取引先共にトータルコストの

 削減を視野にいれ、共栄を目指します。

 

 

 

P7170109.jpg

 

 JLDでの品質に対するマニュアル(テキスト)をベースに

 実施テーマを決め期間を定めてスタッフ全員で実行する。

 

 

 

 

P7170130.jpg

 顧客満足度を高める為に、QMS、テキスト学習等の推進

 「テキスト、OJT」→「知識を身につける」→「解る、判る」→

 「提案出来る、作業品質も良くなる」→「顧客対応も良くなる」

 意識(ベクトル)共有の為の教育を行う。

 

 

 

P7170132.jpg

 

 提案力を高める為に研修、勉強会等に参加(開催)し

 知識の向上を図り、実際の業務に落とし込んで行く

 やらせて見る(口出しはしませんよ〜)

 

 

 

P7170153.jpg

 

 自らのITスキルを上げ顧客に提案できるデータ料を増やす。

 顧客の求める情報に的確な答えられるスキルも同様に

 身につけ、営業所にて水平展開させていく。

 

 

 

P7170159.jpg

 お客様への提案力を高める為に現在、所属営業所内にて

 行っている「経費節減プロジェクト」により一層力を注ぎます。

 顧客、供給先、弊社の3者がWIN、WIN、WINの関係を

 築いて行く為のプロジェクトです。

 

 

 

P7170169.jpg

 

 外(顧客、供給者)と内(社内)に対して考えた改善策を等しく

 必ず行動に移し継続する。

 品質面に疑義がある場合は集中的に指導し疑義を払拭する。

 

 

 

P7170173.jpg

 システム構築によって効率化を図ることが出来れば

 結果的にコストダウンとなり顧客満足を高める事になると

 考えられます。

 IT部門の更なるスキルUPと効率化を促進したい。

 

 

 

P7170197.jpg

 常に顧客満足を意識して業務にあたる人材を一人でも多く

 育成して行く、その為の土壌というか基盤を確固たるものに

 することが私の役目でしょうか、

 従業員満足なくして顧客満足なし!

 

 

※最後の文章ですが読み方によって意味が全く異なりますよね(笑)  完

 

QMS教育実施記録@

QMS教育実施記録A

QMS教育実施記録B