QMS教育実施記録A

2010年7月17日(土)QMS教育研修を行いました。

テーマは第一回顧客満足度調査分析結果の検証及び対応です。

AM10:00〜PM3:00、正味4時間の教育研修でした。

 

ジャンプ株式会社様によるポストイットを使ったセッションです。

顧客は物流会社に何を求めているのか? 日本物流開発はどんな取り組みをしているのか、

顧客満足度を高める為に物流会社は何をするべきか等、様々な意見が出されました。

HP(ホームページ)で後悔して公開して自らをふるいたたせる、有言実行ってことですよね!

P7170040.jpg

P7170041.jpg

P7170049.jpg

 

 

 

 

 

 

P7170032.jpg

P7170033.jpg

P7170034.jpg

 

 

 

 

 

 

P7170042.jpg

P7170043.jpg

P7170047.jpg

 

 

 

 

 

 

P7170080.jpg

P7170086.jpg

P7170088.jpg

 

 

 

 

 

 

  自社で物流業務をやっていたが    

 他社に物流業務を委託していたが

 「手間」を削減したい                         19  「コスト」を下げたい  29
 「コスト」を下げたい   16  「作業品質」を高めたい  17
 「作業品質」を高めたい   15  「キャパシティに」限界がある  13
 「作業速度」を高めたい   11  「作業速度」を高めたい   9
 「納期の正確性」を高めたい            8  「納期の正確性」を高めたい   6
     「顧客対応」に不満がある   4
     「委託するサービス範囲」を広げたい   3

※上記は物流業務アウトソーシングの「ニーズ」をお伺いした結果です。

 

■自前で物流業務を行っている場合は「手間を減らしたい」というニーズが最も高いようです。

 コストは自社の人件費が対象となる為、比較が難しい可能性があります。

■他社に物流業務を委託している場合は「コスト」続いて「作業品質」でありますが、

 物量の増加による「キャパシティの限界」もニーズの出発点として高いものとなっています。

 

QMS教育実施記録Bへ 続くぴかぴか(新しい)

QMS教育実施記録@へ 戻る