物流イノベーション

大変ご無沙汰しております。 物流博士NCです。

ある一言に触発され、久しぶりに記事を書かせて頂きます。

 

先般、ある政治家がこれからは「グリーンイノベーション」だ!「ライフイノベーション」だ!

と熱く語っておりました。

以前から「イノベーション」という単語は良く耳にしておりましたが、

自分の中では「研究者」の仕事とか「政府」や「大企業」の役割などと考えており、

まあ自分にはあまり関係ないかな〜と思っておりました。 

(博士なのにね〜  (^_^;) NCだからね〜)

しかし、この「ライフイノベーション」という単語を耳にした時、ん、、、

勝手に「新たな生活スタイルの創造」と解釈しました、だとしたら大いに関係あるじゃん!

 

先般、日本物流開発はISO9001の認証を取得致しました。

その中で当社が定めた品質マニュアルに「設計・開発」といった項目があります。

当社は顧客の要求及び市場情報を検討し、

従来製品・サービスとの相違点を明確にしたサービス企画を行い、

「提案書」を作成して社長が承認する。

承認された設計・開発事案には、QMS事務局が「サービス開発計画書」を作成する。

サービス開発計画は試行計画の段階と本展開計画の段階とで構成するが、

「サービス開発計画書」には両段階を含めて作成する。

「サービス開発計画書」には、次の事項を含めなければならない。

@新サービスの品質目標

A新サービスの企画の背景となる市場環境や競争環境、及び新サービスの需要予測

B知財化可能性

C新サービスの設計・開発にとり入れる要求事項(設計・開発へのインプット)

D新サービスの開発手順とスケジュール

E設計・開発担当者の所見

F情報共有部署名

G計画変更履歴

 

この「サービス開発計画書」ですが現在のところは「新しいWMS」(戸田第2営業所に導入)とか

「新たなマテハン」(戸田第3営業所にシュリンクマシーン導入)等、

顧客に対するサービスの追加程度のレベルに留まっております。

勿論、このこと自体も本業コア部分ですので大変重要ではありますが、

これからはもっと広く社会を意識した、サービスを開発しなくては!

「サービス開発」=「物流イノベーション」=「ライフ&グリーンイノベーション」=です!

例えば「変身ダンボール」(包む時は普通の紙、包み終わったらダンボールに変わってる)

なんてものが開発できれば良いですよね!

 

今回はタイトルがカッコ良いので思わず「ポチ」ってしてしまった方が多いのでは(笑)