物流会社の教科書@

日本物流開発の教科書、その1“商談フロー”・・・第1回

 フロー図、赤枠部分がこのフローの中で最も重要とされている事項です。

 即ち、キーポイント、またの名をキーコントロールと呼びます。

◆KP1:物流業界の現状

●物流は、経済活動のインフラである

●物流ビジネスとは、アウトソーシングビジネスである

●「価格」と「価値」が、差別化の選択肢である

 

@商談フロー.jpg

 

●物流は、経済活動のインフラである

物流が経済活動において商流を支える重要なインフラであることは、昔も今も変わりません。

ただ、かつては運送業に代表されるように3K(キツイ、キタナイ、キケン)

すなわちブルーカラーの仕事という見方をされ、特に脚光を浴びることのない陰の存在でした。

しかしバブル崩壊以降、物流は単にモノを運び届けるという機能を超え、

「合理化の有効な手段」として認知されるようになりました。

ロジスティクスという言葉も使われるようになり、物流は今や企業にとって

「事業戦略の一翼を担う位置づけ」となっています。

 

●物流ビジネスとは、アウトソーシングビジネスである

モノを正確に送り届けるためには高度な専門性が必要です。

物量が増え、届け先の数が増えればなおのことです。

一方で、その前後の工程には面倒で複雑な作業が必要になってくる場合が多くあります。

かつてはそれらの多くを企業が自前で行っていました。

しかし企業がこぞって合理化を進めていく中で、それらの業務は

「専門で行っている外部の業者に委託する方が効率的である」

という考え方が広がってきます。 このように物流業務はその周辺業務も取り込みながら、

アウトソーシング化の担い手として活躍の場が広がってきました。

●「価格」と「価値」が、差別化の選択肢である

物流業界全体が企業のアウトソーシングの担い手として活躍の幅を広げる一方で、

業界内の競争も激化しています。勝ち残るための差別化要因としては、

安い料金を売りにする「低価格戦略」と、高い付加価値を売りにする

「高価値戦略」があります。 前者は柔軟な対応や正確な作業が犠牲になりがちですし、

後者はコストメリットを提示することが難しくなりますので、

どちらが良いということは一概には言えません。ただ言えることは、

いかに顧客のニーズに応じた特徴を持つことで他社との差別化を図るか、

これが競争激化の時代に突入した物流業界で勝ち残るために

大変重要なことであるということです。

 

注)フロー図にあるRとは力量(rikiryou)のこと、R1が最高位です。

 

続く かわいい