PMS定期研修

QMS事務局に負けじとPMS事務局も活動を報告させて頂きます。

 

PMS定期研修を下記の内容で行いました。

<教育の概要>

・基本情報おさらい

・コンピュータ危機管理規定での禁止事項再徹底

・違反行為がもたらす結果(事例研究)

・集団討議
(今回内容や日頃疑問不安に思うこと、世界一信頼される個人情報保護とは?)

非更新年度でもある為、基本知識の再徹底と近年の事故事例研究に時間を割き、

集団討議の時間を取るなど全員への定着度合いを確認

 

<講師所見>抜粋

実務に即したコンピュータ機器管理上の禁止事項や

事例研究などを盛り込むことによって、

今回の狙いである「呼び覚ます」効果はあったように思われた。

また初の試みとしたが、最後の討議も思ったよりは発言があり成果があった。

社長から発案のあったテキストに「個人情報保護体制調査票」を加えることについて

(当社が委託先を評価する際に使用するフォームを

逆に自身の日常業務を評価するツールとして使用)

今回は抜けてしまったが非常にいい案であり、

今シリーズの次回以降研修ではテキストに追加することとしたい。

社長よりデータバックアップ措置についての案提出及び見積指示あり 等々

pms090724.jpg

 

世界一信頼される物流会社になる為には「PMS」&「QMS」共に本当に重要ですね!