ISO9001認証取得ヘノ道VOL6

こんにちはー(^^ゞ QMS事務局のQちゃんです。 Qちゃん

「世界一信頼される物流会社」を目指している日本物流開発株式会社の

ISO9001認証取得への道、第6回目のご報告です。

 

2009年7月18日(土)10:00〜13:40 本社2F会議室にて

今回の主なアジェンダは下記となります。

・業務フローの精査

・キーコントロールにおける力量の明文化

・個別品質目標を達成する為に実際に行うことの洗い出し

 

業務フローに付きましては「不備内容報告書」及び「マニュフェスト」の

保管ルールの確立や力量が明記されていない箇所の考査で粗完成でしょうか!?

 

キーコントロールにおける力量の明文化とは

例えば「作業データ加工」のフローでは「元データとの照合確認」がキーコントロールと

なっており、求められる力量は「エクセルの基本操作が出来る」「物品内容を理解している」

「地域や便種によっての到着日数を把握している」「顧客特性及び指示内容を理解している」

等となっています。

この力量が備わっていない人は「データのチェック」をすることが出来ないのです。 ふらふら

P1010005.jpg

力量は「人」「物」「金」「情報」「ノウハウ」「時間」の6個の内部要素と

「環境」「業界」「顧客」「競合」「立地」の5個の外部要素を加味するんだそうです!

いやー本当にISO9001は勉強になります。

力量マップ2.jpg

 

個別品質目標の一つに「データ加工」のミスをゼロにするというものがあります。

「データ加工」のミスって実は操作や計算のミスよりも勘違いによるミスの方が

圧倒的に多いんですよ、これ「明日の配送」でお願いします、と言われたら、

ハイ、それでは7月19日発送の7月20日と21日着で宜しいですね、

と必ず確認することが重要なんですよー

それを嫌み無く確認するのが結構気を使うところなんですよねー(笑)

 

ところで上の写真を見て耳なし芳一を連想したのは私だけでしょうか?

続くぴかぴか(新しい)

 前のページへ