物流ノ基礎知識VOL13(倉庫、輸送)

こんにちはー物流博士NCです。SAYU天才クン

「絶対、誰にでも解る!超カンタン物流の基礎知識」第13回目です。

今回は「物体を移動する行為」その1「輸送」について掘り下げて見たいと思います。

@輸送(乗り物で人や物をはこぶこと )

>ジャンボジェット・石油タンカー・JR貨物・中国から来コンテナ等

 

今回、「輸送」を掘り下げるにあたり改めて色々と調べてみたのですが、

特に確固たる定義は無いようですので、一般論としてお考えください。

 

下記の写真が「輸送」の全体像をイメージしております。

世界一の物流会社.jpg

私達が日常に係わっている物流とは少し次元が違いますよね!

ビックでプロフェッショナルな感じってところでしょうか!?

 

タンカー輸送等は海賊と戦い ジャック・スパロウ

タンカー.jpg

 

最近では海外でも翌日着可能です。 うるとらまん

空輸.jpg

 

昨日、日本物流開発に遙々やって来たコンテナさん

40F×3台.jpg

 

このサイズを40フィートと呼びます。

長さ(12.192m)×幅(2.438m)×高さ(2.59m)

40F.jpg

 

こんな感じで船に乗ってきたんですよ!

コンテナ船.jpg

 

中国から日本への船便の料金よりも場合によっては

港から物流会社(倉庫等)へのトレーラー輸送料金の方が高いこともあります。

又、輸入コンテナの場合は運転手さんが荷物に触ってはいけない

決まりとなっているので、荷物は必ず受け人側で下ろす必要があります。

コンテナから荷物を下ろす作業を「デバンニング」と言います。

下ろし終わったコンテナの中を掃除することもルールとなっております。

 

12フィートコンテナ

長さ(3.6m)×幅(2.43m)×高さ(2.59m)

12Fコンテナ.jpg

 

20フィートコンテナ

長さ(6.058m)×幅(2.438m)×高さ(2.59m)

20Fコンテナ.jpg

 

輸送の原点!  物流の原点!?

ラクダ.jpg

今回初めて「ワタシ」の写真をUPしました。

後ろ姿、渋いでしょ!! 不器用ですから   

そうです駱駝さんを牽いているのが「ワタシ」です。。。

 

続く 虹

物流会社で働く物流博士NCでした。

前のページへ