物流業務改善 第4回

 コンニチハ 物流博士NCでデス。 顔シャキーン.JPG


今回は「R」:Rearrange(交換/順序の変更はできないか)です。

1つ目のキーワード 「交換」の最も有効な策は人の交換ですよねー!

適材適所が上手く行っている物流現場とそうでない現場の違いは
月とお盆位大きな差があります。

適材適所が上手く行っていない物流現場は先ず適材適所を決定できる人を
「交換」するべきでしょう! うっ キツ〜  東郷.JPG

人員構成は「セル方式」にするか「ベルトコンベア方式」にするかを考える時の
重要な要素ともなります。

同じ内容の作業でも「慣れていない人」が多い場合は「ベルトコンベアー方式」
が良いし「慣れている人」が多い場合は「セル方式」が良い場合が結構あります。


2つ目のキーワード 「順序の変更」 ですが、順序が決っていないと
変更したくても変更出来ませんよね、
えっ 顔え.JPG  毎回変更してる?  それはカナリヤバイですよ!
先ずは作業を標準化しましょう、そのあと色々順番を変えて試したら良いと思います。
「順序の変更」は実際にやってみる案外比較が容易なので結果が解り易いです。

重たい荷物はダンボールに荷物を入れるより、

荷物にダンボールをかぶせる方が楽チンで早いです。

 

お重も.jpg 

  

 入れるぞー  うっ おも・・・

 

 

 

楽チン.jpg

 

  

 かぶせるわよん〜 う〜 かるがる〜

 

 

 

「本日の一言」   ぶっちゃけ〜 めがね.JPG博士より〜 

                力もち.JPG こっちの方が役に立つのよねー よし子ちゃん.jpg

                         

                           シヨックもうやだ〜(悲しい顔)   物流博士NC でした。                       

                                    

                                     ページトップへ

                               

 

【月とスッポン】 ウィキペディアより

天と地ほどに違う、似ているようで大違いという時に「月とスッポン」と表現する。
でもなぜカメではなくスッポンなのか、なぜドジョウやカエルではダメなのか、
そもそもどこが似ているのだろうか?
スッポンの甲羅の模様はカメの六角形に比べると丸い形をしている。
漢字では「団魚」と書かれたり、江戸時代には「マル」と呼ばれたりして丸いものといえば、
というイメージがあった。これが同じように丸い月の形と対比されたというわけである。
でも、丸いものは他にもたくさんある。なぜスッポンにこだわるのかとなると、
もう1つの由来、スッポンではなく「素盆」「朱盆」だったというもの。
丸いお盆の形が月と比べられていたのだが、
これが変化して「スッポン」となったというふうに言われている。 

 ページトップへ