物流業務改善 第2回

こんにちは、物流博士NCです。  顔シャキーン.JPG

 

第1回目は面白い、ためになる、文章が長すぎる、ゴーストライターが書いている等、
結構好評でした?チョット気を良くして第2回目にのぞみます。

 

今回のテーマは「ECRS」の「E」:Eliminate(排除/なくせないか)です。

「なくせるもの」=「あるもの」なので、まずはあるものを列挙します。

 

入庫検数/検品/パレット積替え/棚入れ/データ加工/ピッキング/梱包/発送報告等々 
各業務で少なくとも20項目くらいの個別作業が「あります」まずこの中で、
「なくせる」作業がないかを考えます。


ん〜考えると結構なくせそうな作業ありますよね!

 

パレットの積替え作業や、データ加工作業、口だけ男等は
充分なくす事ができると考えるべきでしょう! 

 

更に作業の中でのパーツ、例えば緩衝材等は絶好のターゲットだと思います。


個人的に、もっとも無駄でなくした方が良いと思っているものは
「使わない物の在庫」です。
物流業者としては「保管料を貰っているから良いじゃないのー」
という意見もあるようですが、それじゃーダメなのです。
社○庁のグ○ーンピアと大差ないくらいダメなのです。
不動在庫、不良在庫等の無駄な在庫を削減し、
保管スペースをコンパクトにする事が物流業務改善の第1歩です。

 

動いていない物の報告してますか? 報告受けていますか?

 

次回は「C」:Combine(結合/一緒にできないか)について考えてみたいと思います。

 

「本日の一言」 ダンボール箱にPPバンド、誰の為? 野口さん.JPG

                                         

by 物流博士NC  顔シャキーン.JPG

 

  ページトップへ