販促品物流業務“販促品、ノベルティ等の物流業務の一事例です”

販促品、ノベルティ等の物流業務の一事例です。  【販促品物流H2TN】

   ボールペンに個人の名入れをし包装をして所定の場所へ
   納品する業務の作業手順です。 
   ボールペン本体に個人別の名入れをしますので、ケースに格納後は
   名前の確認が出来なくなり、「テレコ」が発生する可能性が高い業務です。
   アナログな作業ですが、手順を確立し厳守する事によりミスは防げます。                    

 

以下作業手順です。】

    

@発注書FAXが届く                    
                    
(発注がエクセルデータの場合は以下AB不要)                    
                    
A名入れ原稿リストに入力                    
                    
B発注元に原稿リストをFAXし、校正の依頼をする。                    
                    
C校了したら、名入業者(○○彫刻様)へ原稿ファイルをメールし                    
   弱粘ラベルを出力して送付する。                   
  ※原稿ファイルはEDで暗号化して送付する。                   
                    
D名入業者より製品が届いたら、チェックリストを出力して                    
   包装作業を行う。

                   
E原稿リストの管理番号・氏名と、ラベル・現物の名前を照合し                    
   印字位置と色を確認の上、チェックリストに記入する。                   
   

  ボールペン1.JPG               
                    
                    
 ケース名入れの場合       
                    
                    
 

 ボールペン2.JPG

 

 本体名入れの場合       
★印字位置キャップor本体を確認     
                    
                    
 

 

F1本づつケースから取り出し、ミラマットを敷いて                    
  ケースをOPP袋に入れる                   
   

ボールペン3.JPG

 

★同時に2本を取り出さない。      
 1本づつ作業する。     
                   
                    

 

 

 ボールペン4.JPG

 

 GOPP袋に入れたら元のケースに戻す。       
                    
                    
                    

 

 

H弱粘ラベルを一旦剥がし、包装したら再度貼り付ける                    
 

ボールペン5.JPG

 

★必ず1本づつ作業する。   
                    
★ラベルを剥がした状態の   
ものは作業台に1個だけ!  
                    
 

 

I送付状の記事欄に印字してある管理番号・氏名と                    
  弱粘ラベルの管理番号・氏名を照合し、チェックリストに記入する。  

 

ボールペン6.JPG

 

 

 

 

 

J本数に応じて適宜ダンボール梱包して発送。                    
  ※日付指定シール、取り扱い注意ラベル貼付け                   
  ※梱包時も弱粘ラベルは貼ったままでOK                   

 

ページトップへ